羽生善治王位(王座・棋聖)

菅井七段は以前から評価が高い棋士で、振り飛車の使い手として実績を残しています。持ち時間の長い対局がこれまでないので、手探りの部分があるし、早指しの菅井七段が2日制でどう指すのか、など1日目から緊張感を持って臨むことになるでしょう。最近は振り飛車の将棋を指すことが少ないですが、棋譜を見ながら作戦を練ることになりそうです。若くて勢いのある相手に、自分のスタイルやペースを守りながら、面白い熱戦になればいいなと思います。

羽生善治王位 はぶ・よしはる 1970年、埼玉県所沢市生まれ。故二上達也九段に入門し、85年プロ入り(四段)。89年、第2期竜王戦で初タイトルを獲得。94年、九段昇段。96年、第45期王将戦を制して史上初の7冠同時制覇を達成した。王位戦では第34期からの9連覇をはじめ、最多の通算18期獲得。永世王位の称号を持つ。通算タイトル獲得数も97期で、記録を更新中。攻守にバランスがとれ、どんな展開でも柔軟に指しこなす。

菅井竜也七段

リーグ戦は、初戦の佐藤天彦名人戦に勝てたのが大きかった。2年前に挑戦者決定戦で負けた時は、ファンをがっかりさせました。他の若手棋士のタイトル挑戦を見ていると、今回の挑戦者決定戦は負けられないと思いました。羽生王位は将棋界最強の棋士で、どんな形になっても対応しています。自分の将棋がどこまで通用するか、楽しみです。挑戦者になれたのはうれしいが、タイトル挑戦だけで終わってしまうと再度の挑戦が厳しいので、結果を求めて頑張りたいです。

菅井竜也七段すがい・たつや 1992年、岡山市生まれ。井上慶太九段に入門し、2010年プロ入り(四段)。11年、大和証券杯ネット将棋・最強戦で優勝。15年、新人王戦で優勝。同年、七段昇段。今年、順位戦でB級1組に昇級した。王位戦は紅白リーグ通算3期在籍。第56期では挑戦者決定戦に進出した。振り飛車党で攻撃的な棋風。序盤の研究にも定評があり、15年には、新手を評価する「升田幸三賞」を受賞した。

※いずれも段位、肩書きは2017年7月初旬現在